ゆらゆらにっき。
ふらふら、よろよろ、ぼちぼち
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
RECOMMEND
Friends Til the End
Friends Til the End (JUGEMレビュー »)
David Wild
とうとう買ってしまった。これからちびちび読んでくのが楽しみ!ぱらぱら写真見てるだけで、思い出し笑い&思い出し泣きしてます。
マクロビオティック 和のレシピ
マクロビオティック 和のレシピ (JUGEMレビュー »)
西野 椰季子
ちょっと試してみようかなと思ってます。ほんとに体、変わるといいな。
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
OTHERS
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
初のマイボトル。
らっきょうの甘酢漬けの、です。

奈良漬けを除く、あらゆる漬け物を愛している私ですが
(和物だけじゃなく、キムチも、ザワークラウトも、
ピクルスも。ああ、書いてるだけで垂涎)、
なんたって、らっきょうが一番すきです。

実家には、いつもらっきょう漬けの大瓶があったし、
一人暮らしになってからも、実家から送ってもらったり、
帰省したときに、従姉や、育ての母「お母ちゃん」に、
空き瓶につめてもらったりしてました。

でも、でも。私がず〜〜っと、本当に欲しかったのは、
マイボトル。私だけのでっかい保存瓶に入ったやつ!

それがとうとう実現しました。
先月あたりから、「お母ちゃん」に、
「らっきょ、らっきょう! 皮剥くの手伝うけん、あたしんも作ってぇ」
といい続けた甲斐あって(?)、本日、
マイボトルを持ってかえることができました
(あ、ちゃんと皮剥きも手伝いました)。

ちなみに、私、市販のらっきょの甘酢漬けは苦手です。
大抵、甘すぎるし、らっきょがへなへなしてるし、妙に白いし。
というか、らっきょうに限らず、
こと、酢を使った食べ物に関しては、
許せるキャパがかなり狭いらしいです。
極めて雑食型の、味に凝りのない人間なんですけどね。
酢の物も、お寿司も、甘みが強いのは苦手。
寿司なんて、ネタの旨さより、寿司飯の味で善し悪し決めてるし。
「お母ちゃん」ちの甘酢は、
もちろん、私好みの、酢の効いた、すっきり系です。

ああ、早く食べ頃にならんかなあ。
本日、さっそくフライングで、漬けたてのも2粒ほど食べちゃいましたが
(青臭〜い固いやつ。これはこれで結構美味)。

rakkyo
▲ほくほくしながら、キッチンの床に置いておいたら、
何も知らず、庭から駆け足で戻ってきた愛犬まーくんが、
うぉう、うぉう、と吠えまくり。化け物にでも見えたんですかね。
……。見えなくはないか。わが子のセンス、なかなかジブリ的で宜しい。
| 食べること。食べたもの。 | 22:49 | comments(4) | trackbacks(0) |
限界への挑戦!?
GWのうどん屋バイト4日め。
暖かくなってきたこともあって、ざるうどんが、まさに
飛ぶように売れてる毎日です。

てなわけで、本日、バイトのワタクシも、
ざる何枚食べられるか、に挑戦させていただきました。
数枚オーダーするお客さんが多いんで、
気になってたわけですよ、頑張ったら何枚イケルかな、ってのが。

ちょうど昼時のお客さんが引けた時間に
「Jちゃん(本名)、やるなら今でっ!」と女将のKちゃんのお声が。
店の一番隅っこのテーブルに座らせていただき、
椀子そば状態で(なのに何故か2枚ずつ持ってきてくれた)、
挑戦させていただきました。

結果……。「ざるうどんとしては」5枚半でストップ。
店じゃ大食い扱いの私ですが、こんなもんです。
半端な大食いだなあ。我ながらつまらん結果です。

で、大食い選手権に出ちゃうような人々を、
改めて尊敬いたしましたです。
胃の大きさもさることながら、
同じ物を食べ続けられる能力が凄いわ。

この店のおうどん、私かなり好きなんですけど、
美味しかったのは、3枚めまでだったなあ。
4枚め以降は味がしなくなって、
紙粘土食ってるような気分でした。

食えんかった、残り半枚分は、大根おろし乗っけて
おろしうどん(冷)にして、やっと完食。
私、もともと大根おろし好きで、
何にでも乗っけて食べちゃうタイプなんですが、
大げさでなく、人生でこんなに大根おろしが美味いと
感じたことはなかったです。貴重な体験だったわ。
ジアスターゼ万歳。

おかげで、数時間後の夕方にゃ、
ういろうだの柏餅だの(なんだかいつも甘味のあるお店ですの)を
休憩に食べて、おにぎりも食べることができましたですよ。

胃とか食欲とかって、やっぱ不思議だなあ。
ま、未だ一番不思議なのは、アルコールになると、著しい水分を
ヘーキで摂取できることですけどね。
同じ量の水飲めって言われたら絶対無理じゃんね。
あれは何なんだ!? 誰か教えてください。



| 食べること。食べたもの。 | 23:25 | comments(2) | - |
うずないぃつくし。
育ての母「お母ちゃん」の
「うずない〜ほど、つくしが採れるところぉ
見つけたがな」
てな電話を受けて、行ってきました、つくし採り。

つくし1

確かに、
うずないぃ。

あ、話はちょっとズレますが、「うずないぃ」って言葉。
「お母ちゃん」から習い、
かつ「お母ちゃん」以外のオカヤマの人の口からは
未だ聞いたことのない表現です。

菜っ葉にびっしり付いたアブラムシを見て「うずないぃ」。
麻疹のブツブツに「うずないぃ」。
そして、このたくさんのつくしは、「うずないぃ」。

「多い」という意味だと紹介しているサイトも見つけたけど、
どうも、お母ちゃん的に(というか、私が理解した範囲では)、
同じ「多い」でも「ぎょうさん」とは違って、
「ちっちゃいもんがいっぱいあって、気持ち悪いくらい」
という、ニュアンスで使われているように思います。たぶん。どうなんだろ。


まあ、それは置いといて。

これ、「お母ちゃん」ちのすぐそばの埋め立て地です。
4日前に犬のコロを散歩してたら見つけたんだと
(でも、普通、散歩じゃ行かないとこです)。
以来、「お母ちゃん」は毎日通って採ってるらしい。
それでも、採っても採ってもあるんだと
(いや、ほんとにまだまだいっぱいでした)。
フツーね、つくしって土手とかで「あ、あった!!」て探しながら、採るものでしょ。
違うんですよ、もうね、大げさじゃなく、
足の踏み場に困るほど生えてるんです。

私たち二人が大いに興奮しながら、しゃがみ込んで採りまくっていたら、
中年のご夫婦も、レジ袋を手にいらっしゃいました。
そのとき「お母ちゃん」とご夫婦の間に、
挨拶しながら一瞬のうちに交わされた
まるで悪代官と越後屋のようなアイ・コンタクト。
みなさまにお見せしたかった。

「ここでのことは、
我々の腹のなかだけに納めておきましょう。うっしっし」
ですよ。

実際、「お母ちゃん」は、この4日間、毎日摘みに行っては、
お料理好きには、摘んだまんまの袋入りを、
また別の人には、ハカマは処理して、
また別の人には「卵とじ」まで作ってあげてと、
相手に合わせた状態で、ご近所じゅうに配って歩いてんだけど、
誰にも場所は教えてないらしい。

「育ての娘」で、私、ラッキー。
松茸穫りや山菜採りの名人の、絶対その場所を教えないって気持ちも
ちょっと味わうことができましたし、
何より採ること自体が楽しかったっ!

そもそも今日は結構寒い日だったし、だんだん風も冷たくなってきたので、
「そろそろ帰ろうやあ、寒ぅなってきたが」
「……じゃなあ。寒ぃなあ」
という会話を、何度繰り返したことでしょう。
でも、二人して腰を上げないんですよ、エンエンと。
だって、ほれ、まだ、
こが〜に、ぎょ〜さん、あるがな。目の前に
状態。

つくしって変な脳内物質出すんだわ。きっと。
TV見ながらの「ハカマ取り」作業、
1時間を嬉々として
やってるなんて、もやしのヒゲ根取るのも大嫌いな私
(よって、味が落ちるのはわかってて、
いつもそのまんまジャッジャ炒めちゃう)
には、考えられんことです。

てなわけで、卵がなかったので、
最終的には、うでた後、ごま油で高菜と炒めて食べました。
つくし3
基本的に味覚も行儀もシモジモの人間なので、カツブジかけて丼状態で。
結構イケましたがな。
「下ゆで」つくし、まだまだあります。
明日もつくし。今度はどうやって食おう。
初物やん。寿命延びるかな。延びてくれ。





おまけ。「お母ちゃん」ちのコロです。
ころ
カメラ向けるたびに、後ろ足上げてました。意味不明。
| 食べること。食べたもの。 | 21:59 | comments(4) | - |
通常食。
今日の夕飯から、お粥/おじやをやめてみました。

固形物って素敵だ〜〜〜晴れ晴れ晴れ
幸せ。

わしわし咀嚼するって、生き物には大事な楽しみの一つなんだわ、と実感中です。
でも、まだめちゃくちゃ薄味です。ど〜〜も刺激の強げなものはまだ怖いな。
| 食べること。食べたもの。 | 22:40 | comments(0) | trackbacks(0) |
生還。
食当りから無事生還いたしました。

いやあ、牡蠣って凄い(味は天国、当たれば地獄)。
毎冬、一体何人の人がこいつで脂汗かいて苦しむんだろう、んな統計出てないかあ、
なんて昨日は、布団のなかでぼわ〜と考えてたら、いつしか気分は
「嗚呼、生ガキたらふく食いたい」に。
数日前に買ったばかりのタウン誌に、県内で来月開かれる
牡蠣尽くしのイベントの日程なんぞが出てるのがいけないのです。

まだ飲み物とおかゆくらいしか口に出来ないのに、懲りない妄想だけがふくらみます。
次は、体調を万全に整えて臨まねば。

ところで昨日は、そんなこんなで、うどん屋さんのバイトを休ませてもらい、
「明日も大事をとって休んだ方がいい」と言っていただいたので、今日もお休みです。
昨日は、お店の女将さんのKちゃん

Kちゃんのお母さんで私の育ての親の「お母ちゃん」

親代わりの従姉(おばちゃんと呼んでいる)
……と、「J子(本名)が牡蠣に当たったらしい」と連絡網が回ったようで、
それぞれから電話をもらいました。

そして、それぞれが口を揃えて笑顔(顔は見えないけど、声が笑声)で言うのは、
牡蠣じゃてなあ、あんた。牡蠣かなあ、
牡蠣なら良かったわあ、なんなあ、牡蠣かなあ。


要は、私のいつもの、脳系だの心系だののビョーキではなく、
1日、2日、耐え忍べば治る系の、原因も期限もわかりやすいやつで良かった、
と言いたいみたいで、
それは、内心自分でも思っていたことだし、みんな心配してくれてんだなあ、
と嬉しくもあり、有難くもあり、申し訳なくもあり、
……だったんだけど、
さすがに、数度目の「牡蠣なら安気じゃあ、えかった、えかった」には、
「いや、でも、まだ熱あってえれ〜んじゃけど」と言ってしまったのにもかかわらず、
やっぱり向こうは
「そうかな、熱かなあ、まあ、熱なら下がらぁ。良かった、良かった」
と笑声だったのでした。くそう。


しかし、まあ、本当に、「熱なら下がらぁ」で、ちゃんと熱も治まりまして、
あとはまともな食欲が回復するのをゆっくり待つだけです。
さっき体重測ったら1kg落ちてました。
3kgくらい落ちててもおかしくないと思ってたのに。つまらん。
| 食べること。食べたもの。 | 09:27 | comments(2) | - |
人生2度めのヒット。
……「牡蠣に」、です。

2度めなだけに、今自分の体に何が起きてるかはわかってて、
「そのうちどうにかなる」ってのもわかってんですが(病院行くのは嫌っ!)、
やっぱ体中、脱水機にかけられてるみたいな状態は辛いもんですなあ。
我が自然治癒パワーは、どうやら凄い勢いで、
「異物、出てけ、この野郎っ!」と頑張っているらしいです。
頑張れ〜、頑張れ〜。
| 食べること。食べたもの。 | 06:42 | comments(4) | - |
たべものやさんは、おもしろい。
おうどんやさんの短期バイト、初日を終えてきました。

手打ちうどんの生地をちょっと踏んだのと
(地団駄踏んでお金もらえるんですよ、楽しい!
足の下がむにゅむにゅするのって無条件におかしい)、
天婦羅用の海老さんの背わたとりを手伝ったのと
(つまようじをぷす、すい〜っとね、楽しい!)、
天婦羅の具をとき卵にひたす役をちょろっとやった
(砂場遊び状態です。楽しい!)以外は、
11〜20時の勤務時間、ほぼず〜〜〜っと洗い場で洗いもの。

明日、大晦日の店内用とお持ち帰り用の年越し蕎麦の仕込みを
しながらの通常営業で、レギュラースタッフのみなさんは、
てんてこまいで、洗いものどころじゃない様子。
ビギナーかつ、機転/手先の器用さ/軽快なフットワークと無縁な私には、
洗いものはぴったりな作業でございました。
単純作業、大好きだし。

お昼も夜も食事がついて、ほくほくして帰ってまいりました。
もともと、ここの店の味、好きだし。
お昼は「おにぎり、要る? 要るなら自分でにぎって食べられぇ」
と言っていただいて、こんかぎりデッカイおにぎり1個つくって
食べちゃいました
(海老天つき大盛り肉うどんと、定食用のラブリーに太ったサンマ、
大根の煮物も)。
お米は3日前に、我が育ての母「お母ちゃん」がついたばかりの
ぴっかぴかの新鮮な新米で、美味しかった〜。

あ、「お母ちゃん」の娘さんと旦那さん(正しくは、旦那さんの
お父さんの代からの)うどん屋さんなんです。

このあたりだと、うどんといえば、
お向かいの香川の讃岐うどんか、
ふるいちのぶっかけうどんが根強い人気ですけど、
このお店も、
(どこでどう繋がってご迷惑かけるやもしれないので
名は明かせませんが)、
地元の情報誌にはよく載る人気店です。

讃岐うどんの、コシの強い、粋で男前な感じの味わいも
私は大好きですが、
それに比べると、このお店のうどんは、
もうちょっと優しくて、おっとりした女性的な雰囲気の味かな
(ぼやけてたり、のびてたりするのとは違います)。
「食べやすい」うどん。ほっこりするうどんです。

それにしても、たべものやさんてのは面白いですね。
当然のことながら食材の量、器具の大きさが半端ではないので、
海外旅行先でスーパーに行ったときみたいに、
気持ちが「こびと」になります。
まわりのものすべてが合理的に豪快で、かっこいい。

がっつがっつと働いているみなさんのなかで、
自分が役にたっているのかは相当疑問ですけど、
明日も楽しく働いてこようと思います。
明日は年越しまで営業だって。くふ。どうなるんだろう。

ちなみに、年明け、2・3日も、という当初の約束でしたが、
1月は第3・5土日も働かせてもらうことになりました。
これで、ほかのバイトも入れたら、1月は既に10日も
働く予定が入ったです。嬉し〜い。NYが近づいてる気分。
来年にも続くことがあるって幸せなことなんだなあ。


それでは、みなさま、よいお年をおむかえください。
来年もどうぞよろしくです。
















| 食べること。食べたもの。 | 22:29 | comments(0) | trackbacks(0) |
結構、イヴを楽しんでたりして。
まいど! みなさま、クリスマス・イブはいかがお過ごしですか?
tamakoは一人おうちにいます!
最近、結構元気で、結構人との予定が入っているのに、
面白いくらい、本日24日と、来年の元旦の予定がありませんのです。

……な〜んて状態は、下手すると落ち込む原因になりかねないので、
実はちょっと前から密かに決めておりました。

クリスマス・イヴは、
ひとりでめちゃくちゃ楽しく盛り上がっちゃお〜っと。


というわけで、本日の私は、日中、
「これ頑張ったらクリスマス、これ頑張ったらワインです」
と呪文を唱えながら、年賀状を書き、
土日も受付けている最寄りの中央郵便局に行ったあと
(三谷幸喜に脚本書いてほしいような、ちょっとした微笑ましい惨状に
なってました。郵便局員のみなさま、お疲れさまです)、
いそいそと、自分のためのクリスマス・ディナー作りに着手しました。

……って、メニューは、
ポトフ、ブルーチーズ、トルコ風なすのペースト、バケット、白ワイン。
てな簡単なものだけですけど。
なすのペーストはちょっと季節外れですけど、白ワインに合うし、
なんたって、サンタクロースはトルコ出身なので。

こんな簡単、でも見ためはそれなりに「ハレの日」っぽい食事で
たらたら呑みながら、さっきまで全日本フィギア選手権を楽しんでました。
いやあ、これはクリスマスの贈り物と言ってよいでしょう。
トリノ候補選手、全員ノーミスですよ!?
すっげぇ!! 個人的には安藤美姫選手の久々にご本人も納得のいった様子の演技に
涙しちゃいましたよ。よかった、よかった。

私の好みからいくと、本当は荒川、中野、村主選手に
トリノに行ってもらいたいんですが、
でも、もう誰でもいいかも。
ここ一発の全選手の素晴らしい勝負強さ、集中力にただ拍手です。

というわけで、これから今日届いた、『フレンズ』を観て、さらに
イブを楽しもうと思います。
気分的には、「05年、後半は結構頑張ったじゃん、私」てなお祝い状態です。

みなさまも素敵なクリスマスを。

そして、デビッド・シュワイマーに。心からハッピー・ハヌカ!!!!
| 食べること。食べたもの。 | 22:19 | comments(0) | trackbacks(0) |
胃拡張。
年末です。膨満感の季節です。

私は、大した宴の予定もないというのに、
すっかり胃が大きくなっています。

だって、しっかり食べないと寒いじゃん!!!!
が、毎度の、自分に対する言い訳。

ちなみに私、夏の暑さに比べれば
寒さにはとても強い人間だと自負してまして、
エアコンの暖房も、「17度」設定で余裕なんですが、
それでも、一応「寒さ」は感じているわけです。

ところで、一昨日、元同僚4人組で、我が家で
「ごま豆乳鍋」をやりまして、
そのときにエリザベスさんが、おうちの畑で収穫した
いろんな種類の大量の青菜を持ってきてくれました。

水を張った土鍋に、それをどっさり差して
(バケツが本当はいいとエリザベスさんに伺いましたが、
うちにはバケツがないのでした)、
昨夜から、そいつをちょっとずつ水から上げては
いただいております。

今夜つくったのは、サイドバーに載せてる
マクロビ本に出てた、青菜のあんかけうどん。
干し椎茸と昆布(具としても使います)の出汁で、
青菜(いろんな種類を入れたほうが美味しいと書いて
あって、本当にそうしてみた)をさっと煮て、
葛でとろみをつけたものを、
茹でたうどん入りの丼に張ります。

なかなか美味しくできたのですが。
そりゃあ、出汁を一人分だけ引くのもねえ、と
レシピを二人分換算で試したが。
何故うどん3玉食べてんだ、私!?

胃を休めるためにはお野菜よねえ、と
このレシピにした意味はどこへやら……。
来年こそ、目標腹八分目。
| 食べること。食べたもの。 | 23:19 | comments(0) | trackbacks(1) |
海の向こうで讃岐うどんが待っている。
昨日、四国に行ってきた。

レギュラーになりそうなお仕事のため。
とあるお店のネットショップのお仕事。
やったことない仕事だし、
クライアントの直取引ってほとんどしたことないし、
立ち上げまでは結構作業が多そうだし、
とっても苦手な写真撮影を大量にこなす必要もあるので、
毎日が日曜日ってのが長〜〜い、
もともと低い仕事勘がさらに低下している私には
(振り返れば05年はほとんど毎日が日曜日だった……)、
量的には8対2くらいで、不安のほうが多い仕事である。

が、2割の「楽しみ」「わくわく」の質が私的には高い。
ひとつは、そこで扱う商品がとても興味深いこと。
だから、サイト上で、いろいろ遊べそうなこと。

そして、もうひとつは、
これから香川にちょくちょく行くことになりそうだから、
たんと讃岐うどんを食べられること!

実際、昨日もクライアントに連れてってもらって
さっそく、おすすめのお店に行ってきて、ごちそうになった。
行ったお店は、香川屋本店
私は、ぶっかけ(冷)、おでんの豆腐、
大好物の穴子の天婦羅(穴子は何たって天婦羅だ〜よ、と思う)をいただいた。
でっかくてサクサクの穴子の天婦羅(しかも、たったの105円)も嬉しかったけど、
なんたって、やっぱりぶっかけが素晴らしい。
つゆがと〜〜ってもすっきり爽やかに美味!!

余分な甘みやえぐみがなくて、潔い。
出汁そのものも工夫されてると思うけど、
醤油も相当美味しいものを使ってると見た。

岡山にもここ数年、一気にたくさん、
セルフ型のやっすいうどん屋さんがオープンしたけど、
同じくらいの価格帯でも全然レベルが違った。
さすが本場。讃岐うどん万歳! 香川ブラボー!
瀬戸大橋渡っただけで、簡単に美味しいうどんに会えるんだあねえ。

次に行ったら、同じ香川屋さんの生醤油うどん食べたい。
ああ、でもぶっかけもまた食べたい。
でも、ほかのお店にも行ってみたい。いやいや、落ち着け、私。
これから何回も行くんだから。
香川のうどん屋さんは逃げないんだから。……、くくっ、楽しみ。
| 食べること。食べたもの。 | 19:27 | comments(0) | trackbacks(0) |