ゆらゆらにっき。
ふらふら、よろよろ、ぼちぼち
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
RECOMMEND
Friends Til the End
Friends Til the End (JUGEMレビュー »)
David Wild
とうとう買ってしまった。これからちびちび読んでくのが楽しみ!ぱらぱら写真見てるだけで、思い出し笑い&思い出し泣きしてます。
マクロビオティック 和のレシピ
マクロビオティック 和のレシピ (JUGEMレビュー »)
西野 椰季子
ちょっと試してみようかなと思ってます。ほんとに体、変わるといいな。
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
OTHERS
<< 美味しい酒。 | m a i n | デヴィッド・シュワイマーに歴史あり。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
弥次喜多がうちにやって来た。
真夜中の弥次さん喜多さん DTS スタンダード・エディション
真夜中の弥次さん喜多さん DTS スタンダード・エディション

『真夜中の弥次さん喜多さん』鑑賞。
旧友IちゃんにいただいたDVDである。ぎゃほ。嬉しい!
Iちゃん、改めてありがとう。
お家に弥次さんと喜多さんがいるというのは、とてもいい感じだ。

この春、映画館でエリザベス嬢と観たときもそうだったんだけど、
久方ぶりにこの二人を観たら、やはりほろっとしてしまった。
元々、仲睦まじいカップルの、仲睦まじい姿に涙腺が緩みがちな私には、
長瀬智也の弥次さんと、中村七之助の喜多さんのカップルは相当のツボ。
可愛らしすぎる……。

喜多さんは、本当に可憐で、命の火が消え入りそうだし、
弥次さんの直球の熱愛っぷりもたまらない。
そういう設定で、そういう物語だから、というだけじゃなくて、
何と言うか、要らないノイズが聞こえない演技、というのかな。

今までに鑑賞した映画、芝居、ドラマ、小説などのなかから
ベストカップルを選ぶとしたら(ベスト作品というわけではなく)、
たぶんベストテンに入る!
……と思う。たぶん。
真面目に考えたことないんでわかんないし、
それを考えるのはまた今度にしようと思うけど。


しかし、やっぱり改めて、
動物奇想天外、奇天烈大百科な映画だわ。

一気にしりあがり寿にハマったエリザベス嬢のおかげで、
あれから、原作の漫画を集中的に読んだ時期があったので
初めて映画館で観たときよりは、学習できたわけで、
だから、「なるほどねぇ」としみじみ味わえたシーンもあるんだけど。

だからって、生と死や、虚構と現実、シリアスとギャグとシュールの間を
あまりにもくるくると動き回る、あの感じの新鮮味が消えるわけがない。
あまりにも強烈な豪華キャストのおかげで、
「頭ぱっかーん! めちゃくちゃホットやで〜!」(by ホット師匠)
てな気分だ。

ちなみに、阿部サダヲちゃん、ぐっさん、荒川良々をはじめ、
特濃キャラたちのことは挙げるとキリが無くなりそうなんだけど、
前回さほどウケなかったのに、
今回自分的に何故か「ぶはっ!」と笑ってしまったのは、
ニセ弥次さんの「よじさん」(?)役で出てきた妻夫木聡くんだった。
長瀬智也と妻夫木聡が似てるなんてぇことは、
普段、普通に観てたら絶対に思わない/思えないんだけど、
衣装とカツラと、しゃべりと動きの組み合わせで、
妻夫木くんが、一瞬ちょっとだけ似てる、すっごい微妙な
超偽物臭〜い弥次さんになってるんだわねえ。
また、その姿がエライ間抜けで、あほくさ……と思いつつも失笑。

きっと何回か観たら、また別の面白いとこ発見するんだろうなあ。
楽しみ、楽しみ。
全米公開されることだし、英語字幕でも観てみようかしらん。


それにしても、死んだら魂がみ〜んな荒川良々になっちゃうって……、
ちょっと(かなり)嫌かも。うわ、夢に出そう。
| FILM/DVD | 03:16 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 03:16 | - | - |
そのイキオイでゼヒ!ゼヒ!『木更津キャッツアイ』を見てやって〜(>_<)
(言い逃げ)
| Daphne | 2005/10/31 4:00 AM |
■Daphneさま

おお、ようこそ! お久しぶりね(……というのは変?)
「言い逃げ」に相当笑わせていただきました。
是非に拝見させていただきます。もう少々お待ちあれ。
| tamako | 2005/10/31 5:42 PM |









http://tamako-n.jugem.jp/trackback/101