ゆらゆらにっき。
ふらふら、よろよろ、ぼちぼち
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
RECOMMEND
Friends Til the End
Friends Til the End (JUGEMレビュー »)
David Wild
とうとう買ってしまった。これからちびちび読んでくのが楽しみ!ぱらぱら写真見てるだけで、思い出し笑い&思い出し泣きしてます。
マクロビオティック 和のレシピ
マクロビオティック 和のレシピ (JUGEMレビュー »)
西野 椰季子
ちょっと試してみようかなと思ってます。ほんとに体、変わるといいな。
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
OTHERS
<< 『フレンズ X<ザ・ファイナル>』。 | m a i n | トップランナー〜阿部サダヲ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
絵画モデル。
今月から3月まで続く、土日のバイトの第1回めが終了。
絵画教室の、絵画モデルです。ほ〜っほっほっほっ!!!!(ヤケ笑い)

ちょっとした御縁で、一昨年あたりに初めて絵画モデル体験。
ほぼ毎日が日曜日でほとんど働かなかった昨年なんて、
働いた日数のうち、実はモデルのバイトやった日数がいちばん多かったりします。

仮に名刺に「ライター/モデル」と肩書き入れたとして(仮に、です。勿論)、
この肩書きからフツー想像される人物像は、まず私みたいなのではないでしょう。
じゃじゃ〜ん、こんなん出ましたけどぉ〜、よ。残念でした〜、よ。
ほ〜っほっほっほっ!!!!


昨日は、前にさせていただいたことのある教室の、新コースの第1回めで、
今日のは、別の教室で、昨年秋から続く講座のもの。
本来、今日からは3カ月で1枚制作の後期に入るので、
受講生の人たちは、今日から新モデルが来ると思ってらっしゃったところに、
私が再登場(先生には昨年から言われていたけど、生徒さんは知らなかった)。
「また、私でえろうすんませんなあ」気分で教室入りしました。

ほぼ一斉に全員から
あら〜〜〜っ!!!!

うち何人かは、「髪切って誰かわからんかった」の「あら〜〜っ!!!!」だったみたいですが
(髪切った動機の半分は、
新年からの教室でちょっとでも別人になっておくためだったので、ちょっと「ほっ」)、
きっと、いろんな「あら〜〜っ!!!!」だったことでしょう。

まあ、そんなでも、実は絵画モデルのバイトは面白いです。
「ただじっとしている」非生産的な状態でお金がもらえるなんて、
ありがたや、ありがたや。
しかも、こっちはかくも非生産的な状態なのに、
休憩タイムに入って、うろうろしたら、あ〜ら不思議。
私がフリーズしてる20分ほどの間に、あっちでもこっちでも
絵が制作/生産されてんですよ!?
とくに、私は絵の趣味はないし、そもそも絵心ないので、
これ、魔法!?という気分です。

いろんな方の絵を拝見したり、拝見しながら生徒さんとお話するのも楽しいし、
犬に論語ジョータイですけど、先生の講評を拝聴するのも面白いし。

先生が描いてらっしゃるデッサンを拝見するのも感動的です。
プロの制作現場見ちゃうんですもん、タダで。つか、お金もらって。
しかも、プロなんだ〜、やっぱ。唖然とします。
教えながらだから、生徒さんより遥かに短い時間で描いてらっしゃるデッサンが
絵画として、もうとっても美しいんですよ。
専門的なことはわからない私のような人間にでも、伝わる、
ぎゅっと凝縮された濃いものがそこにあって、「参りました」と思ってしまいます。



3カ月先、みなさんの絵がどんなふうに仕上がるのか楽しみです。
前回のは、タッチも構図もそれぞれ違うのに、
出来上がってみたら、物憂げに椅子に座った「寂しい女」系の絵が勢揃い。

思わず、画家のエリザベスさんに会ったとき、
「ねえ、ねえ、もしかして、私の顔って寂しい?」と聞いてみたら
「うんっ!」と思いきりにこやかに即答されて、
「でも、絵にするにはいかにも健康的な顔より、そういうほうがいいんだよ」
とフォローされた(されたのか?)ことがありました。

今回は、シャンパンゴールドのトップスだし、髪も活動的だし、ね、ね、ね!?
どうぞ、縁起の良さげな絵になりますように。
| お仕事! | 18:21 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 18:21 | - | - |









http://tamako-n.jugem.jp/trackback/159